女の人

マンション売却のことはココで学びましょう|豊富な知識が助けになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

競売を回避する方法

コインとお札

住宅ローン滞納と競売

住宅ローンの支払いには厳しい側面があって、滞納すればせっかく購入したマイホームに住み続けられなくなります。債権者が裁判所に競売を申し立て、入札が行われて家の権利が落札者の手に移ってしまうのです。競売が成立してしまうと相場よりもはるかに安い価格で家が売られてしまうため、たいていは重い残債を背負うことになります。落札者の都合で立ち退きを迫られる上に、引越費用なども出ないと考えるのが普通です。その他にもさまざまなデメリットのある競売は、可能な限り回避したいところです。ローン返済が滞ってから競売が成立するまでには何ヶ月もかかります。この間の対応次第では競売を避けることも十分に可能ですが、自力での問題解決は困難です。多くのケースで競売を回避するために任意売却という手法が使われます。家が競売にかけられるより早く、相場に近い正当な価格で売りに出すのです。仮に債務が残っても競売よりはずっと少額で済みますし、無理のない返済方法を選択することも可能です。任意売却を勝ち取るためには、不動産と法律に関する専門知識も欠かせません。不動産業者や法律の専門家による協力が任意売却成功の鍵となってきます。

競売を避けるための秘策

幸いなことに多くの不動産業者では、こうした人のために任意売却専門の相談サービスを展開しています。弁護士や司法書士といった法律のプロが相談員を務めているケースも多く、債権者との交渉を有利にする知恵を授けてくれます。住宅ローンが滞ってしまう人の中には、ローン返済以外の借金を抱えているケースも少なくありません。債務を整理する方法としては自己破産も1つの選択肢です。任意売却と自己破産のどちらが有利かという判断は、自分だけでは下すのが難しいものです。そんな場合でも法律の専門家に相談すれば、適切なアドバイスをしてくれます。任意売却を実現させるためには、少しでも早く相談して行動を開始することも大切です。競売の入札開始前日までがタイムリミットですが、手続きが早ければ早いほど任意売却の成功率が高まるのです。任意売却が成立するには早くても1ヶ月、長ければ3ヶ月ほどかかる例が珍しくありません。その点でも任意売却相談を専門とするプロ集団は、可能な限り迅速に手続きを進めるための秘策を伝授してくれます。競売開始決定通知書が届く前までに対処できれば、高い確率で任意売却を実現させることができるのです。