女の人

マンション売却のことはココで学びましょう|豊富な知識が助けになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件を賢く借りる

財布

初期費用を抑えるには

賃貸マンションを借りる契約を結ぶ際には、まとまった額の初期費用がかかります。ホテルを利用する場合は、日数分の宿泊料を用意すれば事足りますが、賃貸マンションを借りる場合はそうはいきません。なぜかというと、ホテルとは異なり、長期間に渡り継続的に部屋を使用し続けることになるためです。数日間だけ泊まるのではなく、年単位の賃貸借契約を結ぶことになりますので、賃料以外にも様々な費用が必要になります。初期費用の額には地域差がありますが、関東地方の場合ですと、家賃6ヵ月分程度の初期費用がかかるケースが多いです。馬鹿にならない金額になるため、この初期費用を節約したいと考える人が少なくありません。初期費用を低く抑えたいのであれば、仲介手数料無料の物件を探してみるとよいです。最近は賃貸物件が余り気味になってきていますので、集客のために仲介手数料無料とする不動産業者が増えてきています。仲介手数料無料の賃貸物件を借りれば、家賃1ヵ月分を浮かせることができます。

気をつけるべき点

仲介手数料無料でサービスを提供していたのでは、不動産仲介業が成り立たなくなってしまうのではないかと心配する人がたまにいます。不動産業者は仲介手数料を主な収入源にしていますから、それを無料にしてしまうと全く儲けが出なくなってしまいそうに見えます。しかし、入居希望者から仲介手数料を取らない代わりに、物件のオーナーから仲介手数料を取る形にしていることが多いので、業者のことを心配する必要はありません。ただし、ごくまれに、仲介手数料無料となっている代わりに、月々の賃料が高めの設定になっている物件があります。そのような物件を借りてしまうと、実質的に全く費用節約に結びつかなくなる可能性が高いので、注意する必要があります。つまり、賃貸マンションを借りる際には、仲介手数料が無料になっているかどうかだけでなく、かかる費用をトータルで考えてみることがとても重要になります。